行政書士の費用について

ビル

行政書士はその業務内容にとって報酬額が異なっています。ここの行政書士がその費用を自由に設定することができるようになっているので、同じ業務でも金額に差が出ると言うこともあります。したがって利用する側はホームページやパンフレットなどでしっかりとそのサービス内容を確認して価格の違いを検討する必要があります。行政書士の報酬の主なものの平均としては、宗教法人の設立が70万円となっています。帰化許可申請が20万円から30万円となっています。永住許可申請に関しては10万円となっています。在留資格取得許可申請に関しては2万円となっています。このほかに飲食店営業許可申請に関しては、5万円から10万円となっています。

関連ページはコチラ

ほほえむ女性

行政書士と司法書士の違いについて

行政書士と混同されるものとして、司法書士があります。これらは行う業務が重なっているということなどから

葉っぱ

行政書士にかかる費用

法律的な事が絡む提出書類や困り事に関しては行政書士の力を借りて解決するのが一番であり、そうする事によ

ほほえむ女性

行政書士の費用について

専門家へ依頼する場合に、まったく自分ではできないからお願いするというケ−スや自分でもできるかもしれな

髪を掻き上げる女性

行政書士費用は登録料や入会金など準備

行政書士の資格費用でも、通信教育を受ける場合に13500円からあります。また通信教育受講生も動画で勉